「しぜんのちから」がくれる笑顔

オーガニックとは

オーガニックとは

「有機栽培」を意味するオーガニック

最近「有機栽培」を意味するオーガニックという言葉が聞かれるようになりました。野菜などの農作物を作る際に化学肥料や化学合成された農薬に頼らず、農作物を栽培する土壌が持っている本来の力を最大限に活かし、有機肥料を使って栽培する農法のことを意味します。

オーガニックはわたしたちのからだに優しいだけではなく、自然環境にもやさしいという特徴があります。オーガニック製品を生活に積極的に取り入れることによって、結果的にわたしたち自身が自然環境を守ることにもなるわけです。

認証が厳しいオーガニック

日本では「有機」「オーガニック」の表示は食用の農産物のみに適用されていますが、海外では衣料品や化粧品などにも適用され、認証機関が厳しくチェックしています。

花畑

野生の植物や有機栽培された原料を使用することや、栽培する際に使用する肥料も遺伝子組換えではないものを使うなど、製品として認証するためにかなり厳しい基準を設けています。動物実験に反対する企業さえ存在するほどです。

オーガニック製品は全般的に価格の高いものが多いようですが、その分製品の質も高く、化学的に合成されたものを一切使用しないため安心して購入できます。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional